キッチンの高さ

新築住宅の計画やリフォームの計画をすすめるにあたって、一般的には平面計画を検討することから始めるのが原則と言われています。 平面図の検討は確かに大事なことですが、これにあわせて同時に検討していただきたいのは「立面図」です。 なぜなら、生活する場において家族の身長とは様々な生活シーンに大きな影響を与えることになり、育ち盛りの子供がいるご家庭と高齢のご家族と同居される方のお住まいの場合はなおさら生活空間の高さ寸法が大きく影響を及ぼすことになるからです。 生活を送る場所としても特にキッチン空間の中では高さの問題は非常に大事なポイントなので、長時間の作業が続いても疲れにくいワークトップの高さや、コンロ・レンジフード、冷蔵庫やオーブン、食器洗い機などのキッチンにおける周辺機器の高さや、食材・食器・調理道具などの使い易い収納高さなど、すべては使用者の身長が基本となります。平均的な寸法で作られているメーカーのキッチンも、自分なりの身長に合わせて高さの見直しと調節することでますます愛着がわいてくるハズです。理想的なキッチンを求めるのであればキッチン全体の大きさや間取りも大事ですが、何よりもまず自分の慎重に合ったワークトップが必須となります。このページでは、キッチンの高さ寸法の決め方と自分にあったワークトップの高さの決め方についてご紹介します。

戸棚の高さ

実際に使える吊り戸棚の高さは、原則として1800mm以下に設定しておきましょう。身長が高い方なら2000mm位まで手は届くかと思いますが、 1800mm高さ以上の収納は脚立を使う必要があるので、手が届きにくい収納場所に常日頃使用する食器や調理道具などを収納するのは避けておくべきでしょう。ワークトップから吊り度棚の下端までの寸法は原則として400mmとなっています。また、吊り戸棚の奥行寸法は、食器や調理道具を収納できる内法有効寸法300mm程度は確保しておく必要があります。

フリーゾーン

キッチンで一番使い勝手が良いとされるフリーゾーンは、少し腰をかがめるだけで手が届く、ワークトップから下方に300mm下がった高さから、 目の高さまでの範囲となっています。この範囲にキッチン作業の重要なポイントを配置することがとても大切です。近年のシステムキッチンでは、このフリーゾーンの範囲内を大型引出しで収納していることが多く、小物や調味料などを収納できるスペースとして使い易さに配慮がされるようになってきています。

ベースユニット

キッチンのベースユニットの奥行寸法に関しては、原則として600~750mmの範囲で設定しておくほうが無難です。あまりにも奥行きが深いと奥のほうの 収納物うぃ取り出せない、もしくは取り出しにくい状況になるので注意が必要です。また、650mm程度の奥行が用意してあっても、引き出し収納の奥行が450mm程度しかないキッチンもあるので、キッチン購入時には詳しく調べてから選択するようにしましょう。 また、オープンキッチンのベースユニット寸法が、750mm以上となっている場合、ダイニング側からも扉付き収納として使えるようにしておいたり、オープン収納や照明効果を演出できるように配慮することが重要となります。

作業時の背後スペース

IHクッカーやコンロなどが並列に配置されているキッチンの場合、後ろを振り返って連続的に作業ができるように、作業時にたった場所から背後のスペースは750mm程度は欲しいところです。パーティなどで調理の際キッチンに2、3名入ってくる場合は、背中合わせで同時に作業することも考えて900mm程度は離れている必要があります。

力作業を行うスペース

パン生地を捏ねたり、麺を打つなどの力が使う作業を行えるスペースは、ワークトップの高さから100~150mm程度マイナスした寸法が一番使いやすい高さとなっています。食卓テーブルの高さにおいてもそれは同様で、キッチンカウンターと一体化したバー式のカウンターで、作業面を見せないようにするにはワークトップから150~200mm程度高くしておきます。キッチン全体のレイアウトの面から見ても、使える椅子の高さとデザインについても合わせて考えると良いでしょう。テーブルの高さと椅子の高さの差を「差尺」と呼びますが、この差尺は250~300mm程度がベストとなっています。

キッチンからテーブルまでの距離

キッチンから食卓テーブルまでの離隔距離は空間寸法と生活シーンによって差が出ることになりますが、750~1200mm程度の 範囲に設定しておくのが良いでしょう。食卓テーブルの長手方向寸法は4人がけで1200~1500~1800の範囲から選択しておきます。短手寸法は 750~900、もしくは1050~1200mmの範囲で選択しましょう。ここで紹介している寸法はあくまでキッチンづくりの目安であることを前提に用意しているので、「絶対寸法」ではないことご理解下さい。

注目サイト

最終更新日:2015/4/16