システムキッチン

システムキッチンは、流し台(シンク)や調理代(ワークトップ)、コンロ台や収納庫、換気扇(レンジフード)などのキッチンに必須な周辺機器に加え、オーブンレンジや自動食器洗い機などの部材をパーツとして組み合わせ、一枚板で製造されたテーブルトップを乗せた、機能的に一体化した キッチンのことを指します。システムキッチンは構成選択の幅が非常に広く、一見して意匠的な統一感が図れため人気があるキッチンですが、部材の取替えが困難というデメリットがあります。日本におけるシステムキッチンの部材は各メーカーによって規格がバラバラであるため、複数のシステムキッチンメーカーの部材で構成されている場合は取替えが不可能となります。奥行き寸法においては間口の小さいミニキッチンで60cm、一般的なものだと65cm程度となっていますが、メーカーによってはこれ以上の大きさを持たせているものもあります。横幅は小さいもので90cm程度で、一般家庭用だと180cm・240cm・255cm・270cmなどが使用されています。システムキッチンの材質には、テーブルトップ(ワークトップ)でステンレスや合成樹脂が、キャビネットだと化粧合板や合成樹脂、鋼板等が一般的に使用されています。近年におけるシステムキッチンは二極化の傾向にあり、以前より 小型化が進んでいることもあって単身や調理頻度の高くない世帯用にコンパクトになる傾向となっており、従来調理台の下に設けられていたダクトスペースを省略して,必要十分な機能のみをそろえるタイプが増えつつあるようです。もう一つの傾向では、これまでの一般的な機能に加えて、どんどん便利になる自動食器洗い機や多くの機能を備えたオーブンレンジなどを取り入れたものとなっています。このタイプは大家族や友人・知人とホームパーティを開くのが好きな夫婦に最適なキッチンタイプです。

快適な暮らしをサポート:システムキッチン

海外からの文化が多く日本に入っている現在、日本人の食生活はこの欧米化に伴い大きく変化してきました。食材の種類は昔に比べてより一層豊富になりましたし、その調理方法も海外の様式を取り入れたものもあるなど実に様々です。この欧米化の影響がキッチンの設備にも大きな変化をもたらしました。また昨今の健康志向ブームにより、若年層や男性でもキッチンに立つ機会が増えている近年では、一日平均1~2時間はキッチンで 過ごすということを考えて、キッチンを快適にリフォームする事の重要性が説かれています。これらの状況を踏まえた上で、キッチンにおける機能性とデザイン性を兼ね備えたシステムキッチンは、今後多くの家庭で必需品となっていくことが予想されています。エコハウス.com

pickup

2016/6/1 更新