広々と使えるシステムキッチン

キッチンリフォームを一度もせずに昔から使い続けているキッチンだと、狭くて食器の置き場所がなかったり、キッチンスペースが十分に取れないので複数人で料理することが困難といった状況に出くわします。造り付けのキッチンに対する悩みは非常に多く、特にキッチンの広さに関する 不満が顕著です。その点、システムキッチンはコンロやシンク、調理台や調理器具が効率よく配置されて無駄なスペースを極力抑えるよう設計されているのでスペースが広く取られており、その分稼動できる範囲が広がります。システムキッチンを導入することで、普段家事をしない夫が、楽しくより快適に料理できるという理由でキッチンに立つ機会が増えるかもしれません。システムキッチンのワークトップの間口は広いほど使いやすいと言えますが、条件によっては十分にスペースが取れない場合があります。この場合は奥行を70~75cm程度とやや広めに取っておき、奥行きのスペースを有効に使いって作業スペースを確保するという方法があります。システムキッチンに毎日立つ専業主婦の方にとって、ワークトップの高さは大変重要なポイントです。キッチンは各々使用者の身長に合わせて選ぶことになりますが、簡単な目安としては「身長÷2+5cm」が快適な高さと言われているので覚えておきましょう。ちなみにJIS規格においては80~95cmが標準となっています。使いやすさの感じ方は使用者各人によって当然個人差があり、システムキッチンとはこれからどんどん普及して長い付き合いになることが予想されるので、ショールームなどで実物を見てから購入することをオススメします。

部屋の一部として捉える

従来の日本においてはキッチンはその部屋自体が独立しているのが一般的で、居間とのスペースが仕切られ孤立していました。 これだとキッチンにいる人と居間にいる人とのコミュニケーションを上手く図ることはできません。欧米では昔から、キッチンは居住スペースのひとつとして確立されており、そのためキッチンスペースを広く取っているのが一般的となっています。欧米化が進む現代においては、昔ながらの台所は時代遅れとなっていると言っても過言ではないでしょう。システムキッチンならば生活に合わせて収納範囲を決めることができるので、食器や包丁などの調理器具を出しっぱなしにするという事が少なくなり、常に清潔で安全なive kitchenにすることができます。

check

Riders Life
http://www.constant-comm.com/

Last update:2016/7/27